3月22日投稿

ローズヒップオイルについて

ローズヒップオイルは、世界のセレブや有名人も愛用している栄養素が高いオイルです。

一般的に観賞用とされるバラとは別の「ワイルドローズ」といわれるバラの原種にのみつきます。
バラの実から抽出されたオイルで、希少価値が高いことから高価なオイルで、効能が多様であることでも知られています。
ローズヒップオイルの特徴としては、美容成分が豊富に含まれていることがあります。
なんと9割以上が美容成分とも言われ、まさに美容を追求したい方には、必見のオイルです。
ビタミンや必須脂肪酸がそのメインとなっています。
他のオイルに比べると、やや重めの手触りでとろみがあるのも特徴で、保湿効果が高いことも人気の理由です。 お肌の乾燥を防ぎ、肌に水分を封じ込める効果もあります。
使用感はサラサラと肌に程よい馴染み感があり、浸透が良いのでベタつきや不快感もなく、毎日のスキンケアにも大変役立ちます。 肌の角質と同質なので、肌馴への馴染みがよく心地よさも魅力です。
時間が経つと肌がふんわりと柔らかくなり、もっちり吸い付くようなお肌の感触になります。

ローズヒップオイルの効能 ・保湿効果

ローズヒップオイルには、保湿効果の高い脂肪酸が含まれているので、肌の水分保持力を高め乾燥を防ぎます。お肌に潤いを与え、もっちりと柔らかいお肌へと導きます。

新陳代謝を高める効果

ローズヒップオイルには、肌の新陳代謝を高めるビタミンCが豊富に含まれています。
古い角質から新しい細胞への生まれ変わりを促進します。
ターンオーバーの乱れは、しみやくすみの原因となりますので、肌トラブルを予防し、美肌効果をもたらします。

アンチエイジング効果

ローズヒップオイルには、肌の老化を防ぐ抗酸化作用があるビタミン類が豊富に含まれています。
体内では常に酸化が行われています。酸化は病気の原因とされています。
この酸化の際にできるのが活性酸素です。
ガンなども活性酸素が原因の1つとも言われています。

外からの影響も受けやすく、紫外線やストレスなどで酸化し活性酸素が大量に精製されます。
抗酸化成分を多く含むオイルにローズヒップオイルがあります。
ローズヒップに含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、
肌の酸化を防ぎ、肌のハリやキメを整えます。

近年さまざまな皮膚の老化や
病気の原因とされる活性酸素の過剰な精製に
対抗するものを抗酸化物質といいます。
ダメージを守る抗酸化物質を多く含むことから、
将来への肌トラブルを予防するために毎日使っている方も多く、
世界中で毎日のスキンケアオイル美容液として使用されています。

エイキンのローズヒップオイルラインナップ

・100%オーガニックローズヒップの美容オイルRH 20ml3,400円(消費税込:3,740円)

・油溶性ビタミンC誘導体配合の 美容オイルRH 45ml5,800円(消費税込:6,380円)

12種類の植物オイル・エキスをブレンド 美容オイルRHC 20ml4,800円(消費税込:5,280円)

・ ブースターオイル 20ml6,200円(消費税込:6,820円)

美容オイルWRH 45ml5,800円(消費税込:6,380円)