こんにちは!オーストラリアのヴィーガンコスメ「エイキン」の運営を担当のS「エス」です。

連日のオリンピックの熱戦は手に汗握るものがあります。

ついつい深夜の放送の再放送も見てしまいがちに。。。

今回はローズヒップオイルをつかったスキンケアの順番について紹介したいと思います。

朝と夜の2つのパターンがありますが、朝のスキンケアの順番から紹介したいと思います。

スキンケアの順番が決まってないな、とか極端に時間がかかってしまうなんて人は、

スキンケアの順番を見直してみましょう。



朝一番は【洗顔】で決まり!

人は夜寝ているときも、体は代謝を続けているので

朝には老廃物、夏場は加えて汗も多くなりますね。

洗顔はスキンケアの基本で重要です。

ポイントはゆる~く撫でるように洗顔すること。

ゴシゴシしないでください。

やさしく動かすか動かさないかの力で洗顔しましょう。


洗顔後は化粧水の前に、【ブースターオイル】を。ポイントです。

洗顔後のお肌は、油分も水分も減っています。

化粧水の前にオイルで肌を整えてください。使用する量は約1~2適が最適です。

見た目としては(少ないっ!て思うくらいの量で平気です。)

洗顔後のオイルを【ブースターオイル】とも言います。

ブースターオイルは目醒めのオイルです。

肌を目醒めさせ、その後の化粧水の浸透をよくさせる働きがあります。


ミストタイプの化粧水で顔全体を潤そう。

化粧水で、お肌に水分を足してあげます。

肌の水分を補充しましょう。

化粧水は普段どのようなものをつかっていますか?

手にバシャバシャ出すタイプは大量に使うので

一時的に肌がもっちり潤っていると思いがちになっていませんか?

実際、肌の水分保持力と量は決まっているので、多く与えても肌は保持できません。

無駄になってしまいますので、ミストタイプの化粧水のほうが顔全体に水分が行き渡りやすく、経済的です。


化粧水の後は、肌の水分を逃さないためにオイルでカバーをしましょう。

朝,化粧水の後オイルは軽めに2適程度で十分です。

少し多いと感じたら、首やデコルテ部分に広げてください。

このときは以前エイキンの動画に出演していただいた、

日本オイル美容協会理事のYUKIEさんからの紹介動画であったように、

手のひらにオイルを2適だしたら、すり合わせてオイルを人肌の温度まで温めましょう。

温めることで浸透率もあがります。


乳液・クリームでスキンケアで最後のィニッシュです。

その後は日焼け止め、化粧の下地に。

朝のスキンケアで地肌美人になりましょう。


https://naturalcosme.jp/

エイキンのローズヒップオイルは3種類。どんなちがいがありますか?

エイキンのオイルは現在販売中のものが3種類あります。

RHC20ml(ローズヒップオイルと油溶性ビタミンC誘導体)

RH45ml (100%オーガニックローズヒップオイル)

WRH45ml(ローズヒップオイルのライトタイプです。)

下記のように覚えください。

・RHC20ml(集中・ポイントケア)

・RH45ml (しっかりしたローズヒップ本来の働きを求める方)

・WRH45ml(浸透性がよい【つまりスッ!と馴染みます。】100%ローズヒップオイルより少し軽いタイプ。)

ローズヒップオイルをつかった朝もスキンケアの順番は一例です。

日によって肌のコンディションは変わるので、洗顔後のオイルやめても構いません。

あなたらしいスキンケアの順番を見つけて、毎日の生活を充実させましょう。