2022年3月30日投稿

ローズヒップオイルと聞くと、かぐわしいローズの香りを想像する方がいらっしゃいます。
別名、オイルの女王とも呼ばれているくらいビタミン豊富で、美容効果も高いオイルです。
しかし、GOOGLEで検索などをするとローズヒップオイルは(生臭い)・(魚臭い)匂いがすると言われるコメントが多数あります。
そこで今回は、ローズヒップオイルの匂いが気になる理由と対策方法についてお伝えしていきます。

ローズヒップの匂い対策

・冷蔵庫で保管する

ローズヒップオイルは、必須脂肪酸が多いので、すぐに酸化してしまいます。
これを防ぐには、湿気の少ない、涼しい場所で保管することが大切です。
保管場所としては、日陰や温度が上がらない場所がいいですが、季節によっては冷蔵庫で保管.
してもいいでしょう。

・ローズウォーターと混ぜる

気に入った香り入りの精製水と混ぜて使うのもおすすめです。
良い香りのするローズウォーターとは、相性がよく、化粧水などとして利用することもできます手作り化粧水としてもおすすめのブレンドです。

・他の精油と混ぜる

そして精油とのブレンドで匂いを軽減することもできます。
お気に入りの精油とブレンドすれば、ローズヒップオイルの匂いが感じられなくなります。
アロマテラピーでは、ローズヒップはキャリアオイル(ベースオイル)として使用されることが多いので、さまざまなエッセンシャルオイルとブレンドすれば香りのバリエーションが楽しめます。
ゼラニウム、ラベンダー、ローズウッドなどと相性がよいです。

早めに使い切る。

そして開封後は、酸化が早いので臭いが強くなりやすいです。<brですので、できるだけ開封したら早めに使い切るようにしましょう。
3ヶ月以内が良いとされていますが、早いほど効果も高まります。
もし少量ずつ使いたい場合は、小さいボトルで少量ずつ購入するようにしましょう。
、古いオイルは放置せずに使わなければ処分するようにしたほうがいいですね。
</brですので、できるだけ開封したら早めに使い切るようにしましょう。
二酸化炭素抽出法は、酸化させずに抽出する方法なので、ローズヒップオイルの美容成分を余すことなくお届けできます。

エイキンのオイルは匂いの原因となる酸化がしづらい抽出法。

一般的な圧搾方法と言います。圧搾法は、押しつぶす圧力をローズヒップの種にかけ、抽出する方法です。
オイル商品ではポピュラーな方法。
エイキンは圧搾法とは違う、抽出対象物の栄養素を壊さないように抽出する方法を採用しています。
二酸化炭素を気体と液体の間の流体という形にして対象物に圧力をかけてゆっくり抽出する方法です。
これによって植物内の栄養を壊さずに取り出すことができますが、時間がとてもかかることから、大量に製造するには不向きな方法です。
実際にエイキンの100%オーガニックローズヒップオイルは色が濃い赤色をしています。これはローズヒップの種から抽出したオイルだけでなく、種の周りの果肉部分からも栄養素を抽出している証拠です。

エイキンのローズヒップオイルは種類があります❣お試しになりたい方はこちらから。